スケジュール

ブレッシングナイト浅草
ゲスト

サルーキ=

マンガイベントCAFE オカオカ本舗〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目1-2 B1https://okaokahous.official.ec/

開場18:30

開演19:00

チケット

会場公演

¥3,000(税込み)

飲食代別途

フライヤー

フライヤー表フライヤー裏
  • プロフィール画像 アーサー・ホーランド

    アーサー・ホーランド / Arthur Hollands

    1951年大阪市西成区育ち。
    日本でハイスクールを終えた後、父の祖国アメリカへ。
    23歳で洗礼を受ける。
    全米レスリング選手権チャンピオン2回、 パンアメリカン大会銀メダル。全米柔道選手権大会3位。 その後、首の骨を損傷し、現役を引退して 本格的に伝道活動に入る。

    1982年からは活動の拠点を日本に移し、路傍伝道、 日本列島縦断十字架行進、薬物依存症の若者への 働きや、元暴力団員からなる「ミッション・バラバ」、 モーターサイクルグループ「Lord’s Angels」を創設。 十字架行進は海外でも行い、アメリカ、 韓国、台湾、キューバなどを歩いている。

    講演の他、映画や雑誌にも出演し、幅広く活動している。
  • プロフィール画像 サルーキ=

    サルーキ= / SALUKI=

    2000年、東京渋谷の駅前でストリートライブをしていたチヨ(千代延大介)と、仕事帰りだったモーリー(森剛)が道端で出会う。

    2001年、4人のメンバーが集まり、バンド「サルーキ=」結成。
    サルーキ=の名前の由来はエジプト産の犬「サルーキー」の凛とした佇まいにインスパイアを受けたチヨが命名。

    都内でのライブハウスやストリートでのライブ活動後、2003年テレビ朝日ミュージックからシングル「ありがとう」でデビュー。
    同年、チヨは「いつまでも残るものが三つあります。信仰と希望と愛です。その中で最もすぐれているものは愛です。」という聖書の言葉に感銘を受け、洗礼を受けてクリスチャンとなる。

    サルーキ=はその後バンドとして、武蔵野公会堂でのホールワンマンライブ、
    アサヒスーパードライ主催のオーデイションを勝ち抜きZepp Tokyoにイベント出演、YAMAHA主催のコンテストで準グランプリ受賞など精力的に活動するが、
    2007年にオリジナルメンバーであったドラマーとベーシストが脱退し、2008年秋からはチヨとモーリーの2人体制になる。

    2009年春から再起をかけて全国ツアーを敢行、ツアーファイナルを渋谷O-WESTで開催し、復活の狼煙をあげる。

    その後も武道館ライブを目標に掲げて、2011年には渋谷O-EASTで1000人規模のワンマンライブを成功させ、2012年には渋谷公会堂にてワンマンライブを開催した。

    2013年からは海外ツアーにもチャレンジ、ブラジルにおいて32万人の大観衆を前に演奏するという奇跡的な経験をする。そして2015年、夢であった日本武道館のステージにイベント出演を果たす。

    その年の暮れにモーリーが洗礼を受けて、結成15年目にして100%クリスチャンロックバンドとなる。

    2016年、2017年には2年連続で日比谷野外大音楽堂にてワンマンライブを開催し、ロックバンドとゴスペルクワイアのコラボレーションも実現させる。

    これまでに8枚のオリジナルアルバムを発表し、前作「天国へのロックンロール」は音楽評論の第一人者 湯川れい子氏のレビューでも話題となった。
    2019年リリースの最新作「忠実のロックンロール」では"小さな事に忠実な者は大きな事にも忠実である"という聖書の言葉がアルバムのテーマとなっており、伝説のシンガーソングライター小坂忠氏が監修とジャケットタイトルの筆文字デザインも担当。

    ライブは国内外で年間約120本にのぼり、
    コンサートホールから学校、老人ホーム、幼稚園、教会、被災地、ライブバー、あらゆる場所で行なっている。

    【ホームページ】https://saluki.tv/
    【出演依頼など】info@saluki.tv
【公演に関する注意事項】

◯ 会場に駐車場はございません。